魏志倭人伝現代訳

概要
倭人は帶方の東南大海の中にあり、山島に依りて國邑をなす。
帯方とはいまのソウルあたりのことで、この項は朝鮮半島から見て東南方向の海で囲まれた場所にあると読み取れます。
里程
旧百余國。漢の時朝見する者あり、今、使訳を通ずる所三十國。
旧百余国とは後漢書にある委奴国連合体のことで、漢の時代に朝献があって今回朝献する国々は30国の国である。
郡より倭に至るには、海岸に循って水行し、韓國をへて、たちまち南したちまち東し、
郡とは帯方郡をさす、韓國をなぜ経由しなければならないのか、何らかの形で立ち寄ることを意味するのか
その北岸狗邪韓國に至る七千余里。
北岸との表記は女王国から見ていい釜山または金海あたりといわれる
始めて一海を渡ること千余里、對馬國に至る。
その大官を卑狗といい、副を卑奴母離という。
居る所絶島にして、方四百余里ばかり。
土地は山険しく深林多く、道路は禽鹿のこみちの如し。
千余戸有り、良田無く、海物を食いて自活し、船に乗りて南北に市糴す。
對馬国は対馬以外に考えにくい。金海から対馬の距離は70kmほど千里の行程というのはどういうことか、一里は70mということになってしまうが、直線的に航行することは考えにくいからその1.5倍の里程となっても不思議はない。
又南に一海を渡ること千余里、名づけて瀚海という。一大國に至る。
官をまた卑狗といい、副を卑奴母離という。方三百里ばかり。
竹木叢林多く、三千ばかりの家有り。
やや田地有り、田を耕せどなお食足らず、また南北に市糴す。
一大国は壱岐と考えられる同じく距離は70kmほど千里の行程、直線的に航行していないとするなら不思議はない。
又一海を渡ること千余里、末盧國に至る。四千余戸有り。
山海にそいて居る。草木茂盛して、行くに前人を見ず。
好んで魚鰒を捕うるに、水、深浅と無く、皆沈没してこれを取る。
一海とあるのみで方位記載はない。多くの場合末盧は松浦に否定されるが30kmあまりの距離を千里とするのはにも行程的にも不自然さがあり宗像大社あたりのほうが自然。
東南のかた陸行五百里にして、伊都國に至る。
官を爾支といい、副を泄謨觚・柄渠觚という。千余戸有り。
世王有るも皆女王國に統属す。
郡の使が往来し、常に駐る所なり。
一里100mとして五百里は50km、前述の1日当たり10kmと考えると五日以上の日数がかかる。短里説を私が取るのは一里を400m以上とすると五百里は200km以上あり、北九州のどこに上陸しても東南に移動すれば九州を飛び出てしまう。
東南のかた奴國に至ること百里。
官をシ馬觚といい、副を卑奴母離という。二萬余戸有り。
前記のとおり一日で移動できた隣国。ただ二万戸の戸数があるということは、一戸あたり4〜5人としてみれば10万人の人口を持つ地域と考えられる。10万人の人口を養うことのできる地域とは相当の拡がりをもつ地域といえる。
東行して不彌國に至ること百里。
官を多模といい、副を卑奴母離という。千余の家有り。
前記のとおり一日で移動できた隣国。
南のかた投馬國に至る。水行二十日。
官を彌彌といい、副を彌彌那利という。五萬余戸ばかり有り。
どこから見て南なのかが問題、記載方法がこの段から里数でなく行程日数しかない。水行二十日とは900kmとなるが?。五万戸とは同じように20万から30万の大人口の国。
南、邪馬壹國に至る。女王の都する所なり。水行十日、陸行一月。
官に伊支馬有り。次を彌馬升といい、次を彌馬獲支といい、次を奴佳デという。七萬余戸ばかり有り。
どこから見て南なのかが問題、記載方法がこの段から里数でなく行程日数。規定された行程を休みなく移動したとなれば水行十日で450km、陸行一月で300kmになるが?。七万戸とは同じように30万から40万の大人口の国。
勢力範囲
女王國より以北はその戸数、道里は得て略載すべきも、その余の某國は遠絶にして詳らかにすべからず。
次に斯馬國有り。次に己百支國有り。次に伊邪國有り。次に都支國有り。次に彌奴國有り。次に好古都國有り。次に不呼國有り。次に姐奴國有り。次に對蘇國あり。次に蘇奴國有り。次に呼邑國有り。次に華奴蘇奴國有り。次に鬼國有り。次に爲吾國有り。次に鬼奴國有り。次に邪馬國有り。次に躬臣國有り。次に巴利國有り。次に支惟國有り。次に烏奴國有り。次に奴國有り。これ女王の境界の尽くる所なり。
古代中国語的に好古都はハカタと読めるらしい、一般的にいわれるような奴国が博多周辺ではないと考えたほうがよい。
敵対国
その南に狗奴國有り。
男子を王となす。その官に狗古智卑狗有り。女王に属せず。
この女王の国とは別に男の王が支配する国があって、その国は女王の国から見て南に位置している。
全行程
郡より女王國に至ること萬二千余里。
帯方郡より1200kmぐらい。帯方郡->狗邪韓國->末盧国->伊都国->奴国->不彌国->投馬国->邪馬台国と連続的につないだならこの一万二千里を完全に超えてしまう。
風俗
男子は大小と無く、皆黥面文身す。
古よりこのかた、その使の中國に詣るや、皆自ら大夫と称す。
夏后小康の子、会稽に封ぜらるるや、断髪文身して以て蛟龍の害を避く。
今、倭の水人、好んで沈没して、魚蛤を補う。
文身は亦以て大魚・水禽を厭う。後やや以て飾りとなす。
諸国の文身各々異なり、あるいは左にしあるいは右にし、あるいは大にあるいは小に、尊卑差あり。
その道里を計るに、当に会稽東治の東にあるべし。
その風俗は淫らならず。
男子は皆露かいし、木綿を以て頭に招け、その衣は横幅、ただ結束して相連ね、ほぼ縫うことなし。
婦人は被髪屈かいし、衣を作ること単被の如く、その中央を穿ち、頭を貫きてこれを衣る。
禾稻、紵麻を種え、蚕桑緝績し、細紵、ケンメンを出だす。
その地には牛、馬、虎、豹、羊、鵲なし。
兵には矛・盾・木弓を用う。木弓は下を短く上を長くし、竹箭はあるいは鉄鏃、あるいは骨鏃なり。
有無する所、與耳、朱崖と同じ。
倭の地は温暖にして、冬、夏生菜を食す。皆徒跣なり。
屋室有り。父母兄弟の臥息処を異にす。
朱丹を以てその身体に塗る、中國の粉を用うるごとし。
食飲にはヘン豆を用い、手をもて食う。
その死するや棺有れども槨無く、土を封じて冢を作る。
始めて死するや、停喪すること十余日なり。
時に当たりて肉を食わず。喪主哭泣し、他人就いて歌舞し飲酒す。
已に葬るや、家をあげて水中にいたりて澡浴し、以て練沐の如くす。
その行来して海を渡り、中國にいたるには、恒に一人をして頭をくしけらせず、キシツを去らせず、衣服垢汚し、肉を食わせず、婦人を近づけず、喪人の如くせしむ。
これを名づけて持衰と爲す。
もし行く者吉善なれば、共にその生口、財物を顧し、もし疾病有り、暴害に遭わば便ち之を殺さんと欲す。
その持衰謹まずといえばなり。
真珠、青玉を出す。
その山には丹あり。
その木にはダン杼、豫樟、楙、櫪、投、僵、烏号、楓香あり。
その竹には篠、カン、桃支。薑、橘、椒、ジョウ荷あるも、以て滋味と爲すを知らず。ジ猴・黒雉あり。
その俗挙事行来に、云爲する所あれば、輒ち骨を灼きて卜し、以て吉凶を占い、先ず卜する所を告ぐ。
その辞は令亀の法の如く、火タクを観て兆を占う。
その会同・坐起には、父子男女別なし。
人性酒を嗜む。(魏略曰く、四季を知らず。但し、春に耕し秋に収穫することから年を計る)大人の敬する所を見れば、ただ手を摶ち以て跪拝に当つ。
その人寿考、あるいは百年、あるいは八、九十年。
その俗、国の大人は皆四、五婦、下戸もあるいは二、三婦。婦人淫せず、妬忌せず、盗窃せず、諍訟少なし。
その法を犯すや、軽き者はその妻子を没し、重き者はその門戸および宗族を没す。
尊卑各々差序あり、相臣服するに足る。
租賦を収む、邸閣あり、國國市あり。
有無を交易し、大倭をしてこれを監せしむ。
政治
女王國より以北には、特に一大率を置き、諸國を檢察せしむ。
諸國これを畏憚す。常に伊都國に治す。
國中において刺史の如きあり。
王、使を遣わして京都、帯方郡、諸韓國に詣り、および郡の倭國に使するや、皆津に臨みて捜露し、文書、賜遺の物を伝送して女王に詣らしめ、差錯するを得ず。
下戸、大人と道路に相逢えば、逡巡して草に入り、辞を伝え事を説くには、あるいは蹲りあるいは跪き、両手は地に拠り、これが恭敬を為す。
対応の声を噫という、比するに然諾の如し。
歴史
その國、本また男子を以て王となし、住まること七、八十年。
倭國乱れ、相攻伐すること歴年、乃ち共に一女子を立てて王となす。名付けて卑彌呼という。
男の王が7〜80年治めていたが、後継者争いが発生して内乱状態となった。
内乱状態が何年(ここは不明)か続いた後、卑弥呼という女王を立ててこれお納めた。
鬼道に事え、能く衆を惑わす。
年已に長大なるも、夫婿なく、男弟あり、助けて國を治む。
王と爲りしより以来、見るある者少なく、婢千人を以て自ら侍せしむ。
ただ男子一人あり、飲食を給し、辞を伝え居処に出入す。
宮室、楼観、城柵、嚴かに設け、常に人あり、兵を持して守衛す。
隣国
女王國の東、海を渡る千余里、また國あり、皆倭種なり、また侏儒國その南にあり。
人の長三、四尺、女王を去る四千余里。
女王国つまり邪馬台国の東には海があって50〜100kmぐらいで倭人の国(この場合は倭人の住む場所)がある。
そこから南に向かって3〜400kmで小人との国につく。
また裸國、黒齒國あり、またその東南にあり。
船行一年にして至るべし。
そこから船で一年かけていくと裸の国、歯を黒く染める国がある。
外交
倭の地を参問するに、海中洲島の上に絶在し、あるいは絶えあるいは連なり、周施五千余里ばかりなり。
倭の地は周旋5000里つまり一周するのに1000km程度
景初二年六月、倭の女王、大夫難升米等を遣わし郡に詣り、天子に詣りて朝獻せんことを求む。
太守劉夏、使を遣わし、将って送りて京都に詣らしむ。
景初2年(239年)6月に邪馬台国から帯方の太守のもとに朝献の申し出があった。
 その他の供物は左記参照。
その年十二月、詔書して倭の女王に報じていわく、「親魏倭王卑彌呼に制詔す。
帯方の太守劉夏、使を遣わし汝の大夫難升米、次使都市牛利を送り、汝献ずる所の男生口四人、女生口六人、班布二匹二丈を奉り以て到る。
汝がある所遥かに遠きも、乃ち使を遣わし貢獻す。
これ汝の忠孝、我れ甚だ汝を哀れむ。
今汝を以て親魏倭王と爲し、金印紫綬を仮し、装封して帶方の太守に付し假授せしむ。
汝、それ種人を綏撫し、勉めて孝順をなせ。
汝が來使難升米、牛利、遠きを渉り、道路勤労す。
今、難升米を以て率善中郎将と爲し、牛利を率善校尉と爲し、銀印青綬を仮し、引見労賜し遣わし還す。
今、絳地交竜錦五匹、絳地スウ粟ケイ十張、絳絳五十匹、紺青五十匹を以て汝が献ずる所の貢直に答う。
また、特に汝に紺地句文錦三匹・細班華ケイ五張、白絹五十匹、金八兩、五尺刀二口、銅鏡百牧、眞珠、鉛丹各五十斤を賜い、皆装封して難升米、牛利に付す。
還り到らば録受し、悉く以て汝が國中の人に示し、國家汝を哀れむを知らしむべし。故に鄭重に汝に好物を賜うなり」と。
同年12月「親魏倭王」の金印を与えた。
 その他の供物は左記参照。
正始元年、太守弓遵、建中校尉梯儁等を遣わし、詣書・印綬を奉じて、倭國に詣り、倭王に拜假し、ならびに詔を齎し、金帛、錦ケイ、刀、鏡、采物を賜う。
倭王、使に因って上表し、詣恩を答謝す。
その四年、倭王、また使大夫伊聲耆・掖邪狗等八人を遣わし、生口、倭錦、絳青ケン、緜衣、帛布、丹、木、短弓矢を上献す。
掖邪狗等、率善中郎将の印綬を壹拜す。
その六年、詔して倭の難升米に黄幢を賜い、郡に付して假授せしむ。
その八年、太守王キ官に到る。
倭の女王卑彌呼、狗奴國の男王卑彌弓呼と素より和せず。
倭の載斯烏越等を遣わして郡に詣り、相攻撃する状を説く。
塞曹掾史張政等を遣わし、因って詔書、黄幢をもたらし、難升米に拜假せしめ、檄をつくりてこれを告喩す。
卑弥呼以て死す。大いに冢を作る。徑百余歩、徇葬する者、奴婢百余人。
更に男王を立てしも、國中服せず。
更相誅殺し、当時千余人を殺す。
また卑彌呼の宗女壹與、年十三爲るを立てて王となし、國中遂に定まる。
政等、檄を以て壹與を告喩す。
壹與、倭の大夫率善中郎将掖邪狗等二十人を遣わし、政等の還るを送らしむ。
因って臺に詣り、男女生口三十人を献上し、白珠五千孔、青大勾珠二牧、異文雑錦二十匹を貢す。
正始元年(240年)にこの金印をもって倭国に答謝の使節を送った。
同4年(243年)倭王から朝献があった。
同6年(245年)官軍(魏の正規軍)しるし黄旗を与えた。
同8年(247年)倭国につく。
 しかし卑弥呼は死んでしまった、卑弥呼のために100〜150mの墓(円墳)が作られ100人が殉死させられた。
 男の王が後継となったがみんなこれを認めずまた内乱となってしまった。
千人以上も戦死してしまったため卑弥呼の血縁の13歳の娘台与を王としてたてて国を治めることになった。
台与は魏に改めて朝献した。

歴史探訪 0.2.0